2008年04月27日

コラテラル


タクシードライバーのマックスは、
こんな人とは付き合えないだろう・・・
リムジン会社を経営したいけど、今はまだ・・・
と消極的ですが、
殺し屋のヴィンセントと出会う事で
何かが変わっていく・・・

タクシードライバーを通じて、
映画を見ている人に「消極的に生きるな」
というメッセージが
込められていると思います。

ストーリー上、
ヴィンセントが殺し屋である事を
マックスが知る必要がありますが、
ヴィンセントが自分で言うわけにもいかず、
タクシーの上に死体が落とすシーン
を作ったのがちょっと不自然な感じがします。
posted by hyoronka at 09:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94847594
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

コラテラル(評価:☆)
Excerpt: 【監督】マイケル・マン 【出演】トム・クルーズ/ジェイミー・フォックス/ジェイダ・ピンケット=スミス/マーク・ラファロ/ピーター・バーグ...
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2008-04-27 15:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。